端午の節句 歴史と由来

いにしえの中国から伝わる 端午の節句 五月五日は端午と呼ばれる菖蒲の節句・お子様の健やかな成長を願ってお祝いしましょう。

端午の節句

端午(たんご)の節句は、奈良時代から続く古い行事です。 端午というのは、もとは月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味で、5月に限ったものではありませんでした。しかし、午(ご)と五(ご)の音が同じなので、毎月5日を指すようになり、やがて5月5日のことになったとも伝えられます。

そのころの日本では季節の変わり目である端午の日に、病気や災厄をさけるための行事がおこなわれていました。古く中国では、この日に薬草摘みをしたり、蘭を入れた湯を浴びたり、菖蒲を浸した酒を飲んだりという風習があったことから、日本の宮廷でもさまざまな行事が催されました。

厄よけの菖蒲をかざり、皇族や臣下の人たちには蓬(よもぎ)などの薬草を配り、また病気や災いをもたらすとされる悪鬼を退治する意味で、馬から弓を射る儀式もおこなわれたようです。

赤ちゃんが産まれて、初めて迎えるお節句を初節句と言います。五月五日がこの日にあたり、端午の節句といいます。 五月人形の飾りには大きく分けて、外飾り(鯉のぼりや武者絵のぼり)と 内飾り鎧、兜飾りや子供大将飾り)があります。

本質的には立身出世を願う鯉のぼりと、子供の無事な成長を願う内飾りは意味が違うので両方を飾ることが望ましいのですが、地方によっては鯉のぼりをメインに、内飾りは形だけという地方もありますし、内飾りをメインに鯉のぼりは小さいものにするという地方もあります。

端午が男の子の節句になった訳は?

古来おこなわれていた宮廷での端午の行事も、時が鎌倉時代の武家政治ヘと移り変わってゆくにつれ、だんだんと廃れてきました。

しかし、武士のあいだでは尚武(しょうぶ=武をたっとぶ)の気風が強く、「菖蒲」と「尚武」をかけて、端午の節句を尚武の節日として盛んに祝うようになったのです。

やがて江戸時代にはいると、5月5日は徳川幕府の重要な式日に定められ、大名や旗本が、式服で江戸城に参り、将軍にお祝いを奉じるようになりました。

また、将軍に男の子が生まれると、表御殿の玄関前に馬印(うましるし)や幟(のぼり)を立てて祝いました。 このような時代の変遷のなかで、薬草を摘んで邪気をはらうという端午の行事が、男の子の誕生の祝いへと結びついていったと考えられます。

やがてこの風習は武士だけでなく、広く一般の人々にまで広まっていきます。 はじめは、玄関前に幟や吹き流しを立てていたものが、やがて厚紙で作った兜や人形、また紙や布に書いた武者絵なども飾るようになっていったのです。さらに江戸時代の中期には、武家の幟に対抗して、町人の間では鯉のぼりが飾られるようになりました。

現在でも、端午の節句のお飾りは地方によってさまざまです。鎧や兜、武者人形、馬や虎・若武者の人形、鯉のぼりや旗のデザインもそれぞれの個性があるものです。

粽や柏餅を食べましょう。

「ちまき」は「粽」と書かれると同時に「茅巻き」とも称され、文通り茅で巻いた餅のことです。 中国から伝わった「ちまき」はそれ自体、悪鬼をかたどったものであるという説があり、「ちまき」を切って食べることで悪鬼を退治する意味があるといわれてます。

また「柏餅」ですが、柏の葉は枯れても次の葉が出るまで落ちないことから「子孫繁栄」を意味し、古代より柏の木が神事に使われていたという背景があります。

現在のような「柏餅」は江戸時代中期に登場したもので、以来端午の節句にふさわしきおめでたいお供物になっています。

五月人形の飾る時期・しまう時期

飾る時期
節句は季節の節目です。春分の日(3月20日前後)から4月中旬くらいが良いでしょう。 遅くとも4月29日(昭和の日)までを目安に済ませておきましょう。
飾る時期
空気の乾燥した天気の良い日に行うことはひな人形と同様です。時期的に梅雨入りが近くなるにつれて天気も不安定になりますので、五月中旬までのできるだけ早い時期に片付けると良いでしょう。その場合も、慌てず、お人形・飾りを丁寧に扱うことを優先して下さい。
徳永春穂 作 春蘭(しゅんらん) 人形の徳永への問い合わせは TEL:0869-92-4234