ひな祭り 由来を訪ねる

美しき日本の伝統 ひな祭り
春の訪れを告げる三月の「桃の節句」は女の子の健やかな成長と幸せを祈る行事として現在まで引き継がれてきました。

平安の雅を今に伝えるひな祭り

ひな人形の歴史は古く、その起源は平安中期、今から千年あまり前にさかのぼると云われています。 源氏物語の中にも「ひいな遊び」と呼んで、中宮の幼い姫君たちが人形で遊ぶ様が記されています。当時はお人形のことを「ひいな」、お人形で遊ぶことを「ひいなあそび」と呼んでいました。

「ひいな」とはもともと、紙や草で作った簡単な形代(人形)のこと。この形代に災いを移して、川や海に流して神送りをする「上巳の節句」の行事が、三月はじめの巳の日に行われていました。

この形代の行事が、ひいなあそびと結びついて、「ひな祭り」として、いまに伝わるようになったと云われています。

江戸時代には嫁入り道具の一つとしても定着

時代を経て江戸時代になると、人形の製造技術の進歩に伴い、現代に通じるひな人形が全国に普及するようになりました。 ひな祭りの風習が定着したのは江戸時代中期と云われ、この頃には布製の内裏雛が登場し、大名の姫君はお輿入れの際にひな人形を持参するのが習慣となりました。
このように、ひな人形は嫁入り道具であったことから現代でも女児の誕生を祝って、ひな人形はお嫁さんの実家が贈る習慣が全国的であるのはこの由縁です。

女の子の健やかな成長を祝う現代のひな祭り

明治になると政府は従来の節句行事を禁止し、新しい祝祭日を定めましたが、永く人々に親しまれてきた行事は消えることはなく、雛の節句は、端午の節句や七夕とともに民間行事として受け継がれました。

ひな祭りはいまも昔も、季節を暮らしに取り入れる生活の折り目、そして子どもの健やかな成長を祈り、家族の絆を深める大切な行事、人形を愛する日本人の心を今に伝える美しい風習です。

ひな祭りの食文化

家族や親しい方々と祝うひな祭りには、その日にふらわしい料理を用意したいもの。 菜の花や桃の花を飾り、季節感を演習することも忘れずに。

蛤(はまぐり)のお吸い物
蛤が、他の貝とは絶対に殻が合わないことから一夫一婦の願いを込め、お祝いの膳にお吸い物として添えられるようになりました。
菱餅(ひしもち)
菱餅は、下から緑・白・桃色となっており、それぞれ「草萌える大地」「雪の純白」「桃の花」を表します。 緑の餅は邪気を払い疫病を除いてくれると信じれていた蓬(よもぎ)で作られ、白い餅はヒシの実を入れ、桃色の餅は解毒作用のあるクチナシで、赤味をつけ健康を祝うという意味があります。

ひな人形の飾る時期・しまう時期

飾る時期
立春(節分の翌日)から2月中旬にかけてが良いでしょう。遅くともひな祭りの1週間前までには飾り付けを済ませておきましょう。 旧暦で行う地方や、新暦で出して旧暦まで飾るなど、地方によって異なることがありますので、地方の習慣は確認しておきましょう。(岡山では旧歴の4月3日まで飾ることが多いです) 季節の節目の行事ですので、暦の上では「立春」が一つの目処となります。立春はカレンダーに書かれていない場合もあって、ピンと来ないかもしれません。そのときは「鬼は外、福は内」の「節分」の翌日と覚えておくとよいでしょう。
しまう時期
3月3日が終わったら片付ける地方が多いのですが、旧暦まで続けて飾る地域もあります。2週間を目安に、新暦なら3月の中旬頃まで、旧暦なら4月中旬くらいまでの「天気の良い日」を選んで収納しましょう。
徳永春穂 作 山桜 人形の徳永への問い合わせは TEL:0869-92-4234