鯉のぼりの由来

鯉のぼり 「強く、逞しく、健やかに」 龍と成れ お子様の健やかな成長を願い、五月の爽やかな風薫る空に泳がす鯉のぼり、この美しき日本の風景をお楽しみください。

鯉のぼりの由来

鯉は古くから立身出世の象徴でした。中国は黄河の上流にあるという竜門の急流を、さかのぼることができた鯉は龍に化するという古代中国の故事・伝説から、出世のたとえに用いられるようになりました。 こうして日本において、鯉が縁起物とされたのは、江戸時代中期からと言われています。
したがって、5月5日の端午の節句に鯉のぼりを飾る理由は、男の子の立身出世を願う親心の表れなのです。

男の赤ちゃんが生まれて迎えるお節句(五月五日の端午の節句)を、初節句といってお祝いします。 生まれたばかりの赤ちゃんが、じょうぶに、たくましい男性に成長するように、願いを込めてお祝いする行事で、鯉のぼりを立てることは、男児の誕生を天に告げ、その守護を願うための神様への目印ともされています。

鯉のぼりは、江戸時代に町人階層から生まれた節句飾りです。鯉は清流はもちろん、池や沼でも生息することができる、非常に生命力の強い魚です。その鯉が急流をさかのぼり、竜門という滝を登ると竜になって天に登るという中国の伝説にちなみ(登竜門という言葉の由来)子どもがどんな環境にも耐え、立派な人になるようにとの出身出世を願う飾りです。

鯉のぼりの飾る時期・しまう時期

飾る時期
鯉のぼりはお子様の「強く、逞しく、健やかに」と成長を願い飾るものなので、お彼岸が明けてから遅くとも、お節句の時期に備え4月中旬までには飾ったほうがよいでしょう。
しまう時期
岡山では旧暦でするので4月の中旬から下旬頃に出して6月5日過ぎたら6月中旬~下旬にはしまいます。新暦で行うところでは5月5日が過ぎたら5月中旬~下旬の晴れた日にしまいます。

徳永春穂 作 川蝉(かわせみ) 人形の徳永への問い合わせは TEL:0869-92-4234