五節句について

五節句の「節」というのは、唐時代の中国の暦法で定められた季節の変わり目のことです。

人日(1月7日)、上巳(3月3日)、端午(5月5日)、七夕(7月7日)、重陽(9月9日)の五つを五節句といいます。
江戸時代には年に5日が公式に法制化された式日(現在の祝日みたいなもの)でした。
この5日を「五節句」と言い、現在も重要な年中行事となっています。
人日(じんじつ)
1月7日
「人日の節句」とは五節句の1番目の節句で、陰暦1月7日のことをいいます。お正月最後のこの日は、七草を粥にして食べたり、破魔矢、羽子板を飾って1年の健康を祈願します。
上巳(じょうみ)
3月3日
「上巳の節句」は3月3日にあたり、桃が咲く時期と重なることから「桃の節句」とも言われ、桃などの自然の生命力をもらうなどして厄災を祓います。 また女の子の誕生と成長を祝う「ひな祭り」でお雛様を飾ります。
端午(たんご)
5月5日
「端午の節句」は5月5日にあたり、「菖蒲〔しょうぶ〕の節句」とも言われます。強い香気で厄を祓う菖蒲やよもぎを軒(のき)につるし、また菖蒲湯に入ることで無病息災を願いました。 また、「菖蒲」を「尚武〔しょうぶ〕」という言葉にかけて、勇ましい飾りをして男の子の誕生と成長を祝う「尚武の節句」でもあります。男の子の成長を祈願して五月人形を飾ったり、鯉のぼりを揚げます。
七夕(たなばた)
7月7日
「七夕の節句」とは「7月7日の夕方」を意味しています。七夕行事は、中国に古くから伝わる牽牛(彦星)・織女星(織姫)の伝説から発達した。短冊に歌や文字を書いて裁縫や書道の腕の上達を願う「乞巧奠」(きこうでん)という風習が、日本古来の棚機女(「たなばたひめ」神様を迎えるために神衣を織る乙女)の伝説と融合し、宮中で行われたのが始まりとされているそうです。七夕を「たなばた」と呼ぶのは、この棚機女に由来しています。現在では、短冊に願いを書いて笹に吊るす行事です。
重陽(ちょうよう)
9月9日
「重陽の節句」とは9月9日にあたり、菊に長寿を祈る日です。陽(奇数)が重なる日そして、奇数の中でも一番大きな数字という意味で重陽といわれています。日本では奈良時代から宮中や寺院で菊を観賞する宴が行われています。また「後の雛」といってお雛様を飾ったりして長寿を祈願します。
    徳永春穂 作 千両 人形の徳永への問い合わせは TEL:0869-92-4234