赤ちゃんのお祝い行事:徳永 春穂 作「銃後の母子」

赤ちゃんのお祝い行事

ご出産おめでとうございます。
この度はご出産おめでとうございます。 このページでは、昔から日本に伝わる子供の将来を願って行う様々な行事についてご紹介しております。
お七夜 (生後7日目) お七夜 「お七夜」とは、誕生から七日目の夜に、赤ちゃんの健やかな成長を願って行うお祝いです。 生まれた子に名前をつけて、社会の一員として仲間になることを認めてもらう儀式でもあります。命名の基本は、明るく読みやすく親しみやすいこと。命名書は、赤ちゃんの名前を決めた人が書き、お七夜に神棚や床の間に飾ります。床上げが過ぎるころにはずして後は大切に保管します。
お宮参り (生後30日前後) お宮参り 「お宮参り」とは、赤ちゃんが生まれて神社に参拝し、健康と長寿を祈る行事です。 男の子は生後三十一日目、女の子は三十二日目に行うのが通例ですが、地方によっては七日目から百日目までと様々です。あまり日取りにはこだわらず、赤ちゃんを優先し、気候や天候のおだやかな日、機嫌のよい時間帯を選びましょう。お宮参りは祝い着を羽織るのが正装ですが、このごろは外出用の白いベビードレスを着せた赤ちゃんをケープやおくるみで包む略式のケースもあります。祝う気持ちがあれば特に服装にこだわる必要はありません。
お食い初め (生後100日前後) お食い初め 「箸初め」「箸ぞろえ」などともいい、赤ちゃんにお乳以外の物を初めて与える(まねごとをする)行事です。 一生食べ物に困らないようにという願いが込められています。生後百日目が一般的ですが、百十日目、百二十日目という地域もあります。祝い膳は赤飯、尾頭付きの魚が主ですが、郷土色豊かなお膳の地域もあるようです。
初正月 (羽子板・破魔弓) 赤ちゃんが生まれて初めて迎える正月を「初正月」と言います。 女の子には羽子板を、男の子には破魔弓を贈るという美しい習慣があります。
羽子板 羽子板 羽子板には羽根突きの羽根の飛ぶ様がトンボに似ていることから、蚊はトンボを恐れ、子供は蚊に刺されないという厄除けのまじないとして、羽根突きを行っていました。また、羽根突きの玉はムクロジという木の種で、無患子と書き「子供が患わ無い」ようにとの意味が含まれています。女児の初正月を祝い、邪気をはね除け美しく無事成長することを願うための大切な飾りとなっています。
破魔弓 破魔弓 破魔弓の弓には武勇を表し、さらに時期を払い、目に見えない精霊を退散させる力があるものという意味があり、神社などでは平安のころから、魔除けの意味での破魔弓神事や、年占い神事が行われていました。男児の初正月には、雄々しく、力強く、健やかに育てとの願いを込めて破魔弓は飾られています。
飾る時期 十二月の中旬以降に飾り付けたらよいでしょう。そしてお正月には、贈っていただいた方々を招いて、ご家族でおもてなしするのもよい方法です。もちろん当日の主役は赤ちゃんです。
初節句 (女の子:3月3日)(男の子:5月5日) 雛人形 上巳の節句 女の赤ちゃんが生まれて、初めて迎える初節句を三月三日のひな祭り正しくは上巳(じょうし・じょうみ)の節句といいます。また、ちょうど桃の季節なので、今では桃の節句という美しい名で親しまれています。ひな人形には、生まれた子供が健やかでやさしい女性に育つようにとの親の願いが込められ、災いがふりかかりませんように、また、美しく成長してよい結婚に恵まれ、人生の幸福を得られますようにという、あたたかい思いを込めて飾ります。 飾る時期 立春過ぎから二月の中旬、遅くともお節句の一週間前までには飾って、その日を楽しみに待ちましょう。
鎧兜鯉のぼり 端午の節句 男の赤ちゃんが生まれて、初めて迎える初節句を五月五日の端午の節句といいます。五月人形は、無事に成長して、強く立派な男となるように願いを込めて鎧・兜を飾ってお祝いします。また、鯉のぼりは鯉が急流の滝を登ると龍となって出世するという「登竜門伝説」のように、男児の立身出世を願うため外飾りとしてお祝いします。 飾る時期 春分の日過ぎ、遅くとも四月中旬までには飾って、その日を楽しみに待ちましょう。
初誕生 初誕生 生まれてから一年目の「初誕生」は、昔から餅をついて健やかな成長を祝う行事として行われていました。 一生食べ物に不自由しないように、そして立ち歩きが出来るようになったことを祝う気持ちや、健康で力持ちの子供に育つよう願いを込めて一升のもち米で「誕生もち」をつき、それを風呂敷に包んで赤ちゃんに背負わせて歩かせたりします。初誕生として、親戚や友人を招きバースデーケーキにろうそくを一本立てて一年間の成長をお祝いください。
七五三 七五三 「七五三」とは、三歳の男の子と女の子、五歳の男の子、そして七歳の女の子が十月十五日に氏神や神社にお参りして健やかな成長と健康を祈るという行事です。 三歳、五歳、七歳を祝うのは、奇数を吉とする中国の「陰陽五行説」に由来しますが、子供の成長の節目、一区切りと考えて祝っていたようです。
      人形の徳永への問い合わせは TEL:0869-92-4234